ようこそ ドゥ・カラーのホームページへ

手芸用品、包装材料、小型手織機、各種素材、装飾品。
西陣織りに使われている本格的な織物用素材から最先端の技術による水に強い新素材折り紙、手芸材料など
西陣を拠点に金銀の箔紙、金糸、銀糸、フィルム、手芸、包装材料に関係するさまざまな素材を取り扱っております。

2016年 新製品のご紹介!
新素材おりがみ
西陣の箔から生まれた高級おりがみ
「金鶴・銀鶴」(きんづる・ぎんづる)
・水や埃に強いので室外でも使えます!
・丈夫で長持ち様々な用途に使えます!
・純銀使用で美しく色鮮やか!
(純銀でないシリーズもあります)
おりがみ、ラッピング材料、装飾品、折詰・菓子用飾り材料
帯の額装いたします。
あなたの帯が美術品として飾れます!
和装品の振興の為 開発しました。
箪笥の中のお気に入り西陣織 袋帯を額装して 楽しめます。
丸ごと折りたたみ、収納出来ます。\25,000円(送料 消費税含まず)
いつでも額から帯を取り出し、しめることができます。
金・銀と西陣織
金と銀
日本における金銀銅使用の歴史
日本における織物の歴史
西陣織の名前の由来について
紙の発明そして京都西陣へ
西陣織について
西陣織の小袖と経箔
西陣織ができるまで
伝統的な西陣織に使用されている材料
自社製品について
伝統的な西陣織りに使用されている製品
箔・箔紙・・・金箔紙(きんはくかみ)、銀箔紙(ぎんはくかみ)、模様箔紙(もようはくかみ)
撚り・糸・丸撚り・・・・金糸(きんし)・銀糸(ぎんし)
平箔・こま箔・・・・・金箔(きんぱく)・銀箔(ぎんぱく)・模様箔(もようばく)
各商品を写真でご確認いただけます。また、詳しい情報も掲載しております。
撚り
金糸・銀糸

箔(はく)・箔紙(はくかみ)
模様箔紙(もようはくかみ

平箔(ひらはく)・こま箔(こまばく)
模様箔(もようばく)
包装用材料、折詰、菓子の飾り材料
パピークリスタルクリスタルフラワー
小型手織機販売のご案内
本格金屏風
各種屏風販売のご案内
気軽に織ってみたい方や、本格的に比較的大きな物を作ってみたいという方に手織機を販売しています。
本金箔を使った様々な屏風を販売しています
小物・雑貨
新素材 高級おりがみ
金鶴・銀鶴(きんづる・ぎんづる)
西陣のショールームのご案内
商品の販売や発送は、京都市北区紫野ショールームでしております。
このあたりは、西陣と呼ばれている地域で西陣織りの産地でございます。
北山文化が栄えた地域で、京都へ観光に来られた方には、金閣寺や大徳寺の辺りといった方が分りやすいでしょうか?
紫野といえば、織田信長、千利休、豊臣秀吉などにゆかりのある大徳寺をはじめ、源氏物語の作者といわれている紫式部ゆかりの地でもあり、また人形のお寺と呼ばれている宝鏡寺、今宮神社など名所旧跡がたくさんあります。
元和元年(1615)に徳川家康が本阿弥光悦(1558〜1637)に鷹峯の地を与え、光悦村という芸術村を開き、今年平成27(2015)年で400年になります。それを記念して京都中で「琳派400年」として様々な催しが開かれています。この光悦は西陣営業所から歩いて数分の所にある大徳寺と深いゆかりのある方です。この大徳寺境内の松林を通り、今宮神社へも行けますし、神社へ寄らずにまっすく石畳の坂を登り、佛教大学前の少し狭い坂道を登ると鷹峯へ行く事が出来ます。
また、上の写真の屏風は美術の教科書などで見覚えがありませんか?これは俵屋宗達(生没年不詳)の『風神雷神図』です。「琳派」は、宗達から生まれたと言われています。この宗達と光悦と二人で様々な物を作り上げました。京都の西陣織もこの二人の影響を強く受け、今日も続く意匠図にひきつがれています。「琳派」とは、宗達から100年ほど後に絵師となった尾形光琳(1658〜1716)の「琳」をとって名付けられた名称です。
インターネットによる通信販売のご案内
より多くのお客さまにインターネットを利用して、最新の商品や最新のサービスを御提供していきたいと考えております。
主なお取扱商品金
糸、銀糸、金箔、銀箔、金箔紙、銀箔紙、模様箔紙、タックシール、包装材料、雑貨、小型手織機等
ご注文、お問合せは、メール叉はファックスでお受けしています。
、商品代金には消費税は含まれていません。また別途、梱包代、送料等が必要です。
ご注文の際は、必ずご注文内容、お支払い方法と送料等をご確認下さい。
金銀等の価格は相場により変動いたしますので、参考価格とさせていただきます。
製品の仕様、パッケージデザイン等は予告なく変更になる場合があります。
不明な点やご質問などございましたらお気軽にお問合せ下さい。
ご注文、お支払い方法と送料について
有限会社ドゥ・カラー
京都市北区紫野雲林院町4-7
Tell:075-451-8866
Fax:075-451-7688
E-mail:docolour@gmail.com
ドゥ・カラー
TOPページへ
Copyright 2016 Do Colour All-rights reserved